メニュー

MENU

  • REDEO
  • NITOR
  • EOS

ビオ・ワイン
ビオ・ワインとはなにか

CONTACT

ONLINE STORE

NEWS

ビオ・ワイン?オーガニック・ワイン?ヴァン・ナチュール?

ピルロのワイン"プラトゥム・コーレル"はビオ・ワインの認証を取得中です。
ビオ・ワイン、オーガニック・ワイン、ヴァン・ナチュールなどなど様々な呼称がありますが、実際のところビオ・ワインとはどういったものなのでしょうか。以下では一般的なビオ・ワインの主たる特徴やいわれについて説明していくことにします。
※あくまでも下記はビオ・ワインの一般論であって、プラトゥム・コーレルの特徴についての記載ではございませんので、ご注意下さい。

ビオ・ワイン

ぶどう

ビオ・ワインとはビオロジック・ワインの略語として用いられ始めた言葉で、その中核をなすビオロジックという言葉は、ワイン以外の農作物や加工製品に対しても用いられています。ビオロジックと呼べるか否かについては、1991年のEU指令により定められた欧州15カ国共通の基準によって判断されます。ビオロジックと呼ぶためには、化学肥料や農薬を使用せず、EUで認証された有機肥料だけを使用し、遺伝子組み換えや放射線処理を行わないという手法を、植え付け前で最低2年間、そして最初の収穫の前に3年以上実施している必要があります。フランスのABマークやエコセール、ドイツのデメター等、ビオロジック認定を行う各種団体が世界中で農作物及び加工製品に対して認定証を発行しています。このビオロジック認定を受けたブドウを用いたワインが、ビオ・ワインないしはビオロジック・ワインと呼ばれます。ワインの醸造にあたっては一定の添加物が不可欠とされるため、原材料であるブドウがビオロジックの基準を満たすことで、ビオ・ワインを名乗ることが許されるのです。そのため、ビオロジックのブドウを使っていても、着色料・香料・合成タンニン・遺伝子組み換え酵母等が使われているケースもあるようです。 また、ビオロジックだけではなく、ビオディナミ・ワインも含めてビオ・ワインと呼ぶ場合もあります。ビオディナミはビオロジックをもう一歩進めた考え方で、月や星座の運行までをも考慮に入れ、気圧や引力、潮力といった要素も考えながら農作物を栽培するというややスピリチュアルな手法をいいます。

ヴァン・ナチュール

一方で、ヴァン・ナチュールと呼ばれるワインは、より厳しい基準を満たしている必要があります。限りなく自然の状態で作られたブドウに、添加物を一切加えることなく、天然酵母によって発酵させたワインのみが、ヴァン・ナチュールと呼ばれます。日本でビオという場合には、このヴァン・ナチュールを指していることが多いといわれています。

結局…

EU圏外ではこのような厳しい基準は関係なく、自然派らしいワイン一般をビオ・ワインと呼んでしまうことができるため、“ビオ・ワイン”という言葉はいわば一つのマーケティング用語となっています。 ただ、概ね次のような条件を満たすことで多くの場合はビオ・ワインと呼ばれることになります。

●ブドウを有機農法で栽培
●手摘みによる収穫
●少量生産
●二酸化硫黄などの酸化防止剤を無添加、ないしは極く少量の添加
●天然酵母を使用
●糖や酸を追加しない
●無濾過、無着色

ビオ・ワインの特徴

色が薄い

無理に色素抽出をしないため、比較的色の薄いものが多いが、他の大半のワインと異なり、色が薄いにもかかわらず味わいにおいては複雑なエキスが凝縮されたものが多いのが特徴です。また、ろ過器を通さないため、濁っていることが多いが、品質には影響はありません。

頭が痛くならない

科学的には立証されていないようですが、ワインを飲んで頭が痛くなる原因の一つとして、二酸化硫黄=SO2が挙げられています。SO2は、空気中に存在しますし、また、ワインの醸造過程でも自然に発生してしまいます。さらには、オーガニック・ワインやビオ・ワインにも不可欠な添加物です。殺菌作用(腐敗を防ぐ)、酵母抑制作用(酵母が働き過ぎると酸化が進み過ぎて果実味が失われてしまったり、炭酸ガスが発生してしまいます)、酸化防止作用の三つの作用を持っているためです。ただ、ビオ・ワインに添加されるSO2は一般のワインに比べると極めて微量であるため、頭痛の原因となりにくいものと考えられています。一方で、SO2の添加は、発酵段階でも瓶詰め段階でも一切行わない醸造家も存在します。彼らによれば、SO2を無添加とすることで生じるリスクも、ビオ・ワイン本来の自然そのものの味の一部と考えています。が、特に瓶詰めの際のSO2の添加は、最小限の雑味を消し、果実味を際立たせるというメリットもあることから、醸造家によって意見の分かれるところであるといわれています。

日持ちする

酸化防止剤がほぼ使われていないため、酸化しやすいようにも思われるが、コルクを抜いても一週間は軽くもつといわれます。ものによっては抜栓後一か月経ってもふくよかさを保つもものあるとか。


2016 © FIDEA All Rights Reserved.

TOPへ戻る